経費削減方法のご提案

その他

節税対策における交際費

交際費とは「交際費、接待費、機密費、その他の費用で、法人がその得意先、仕入先、その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するものをいう」と税法上で規定されています。税法上の接待交際費かどうかは、その支出が交際費などに該当するかどうかで決定されます。

税法上では、接待交際費は冗費ということで、法人の無駄使いという捉え方をされています。そのため、接待交際費として支出したすべての金額を課税所得から控除できない仕組みとなっています。経費削減の観点から見れば、接待交際費の支出が少なくすることが、経費削減に一番効果的です。しかし、同じ支出でも、税法上の接待交際費にならないような方法で支出する事により、節税対策になり、最終的に経費削減になります。

その方法は、まず1人1回5,000円以下に抑えることです。例えば、接待の席で1次会、2次会と行ったときに1次会の費用を1人5,000円以下に抑えれば、会議費として処理できます。しかし、1人5,000円以下という事を証明するために、どこの誰と、何人で、何をしたか、ということが分かるようにしておかなければなりません。

その証明のために、領収書が大切です。飲食の場合は領収書に人数を明記してもらうようにしましょう。また、お得意先に手土産を持っていく場合でも、手土産に金額を3,000円以内で納めるようにすると、接待交際費ではなく雑費として処理できるようになります。細かいことになりますが、ちょっとした事を意識して、繰る返すことによって、最終的な経費削減へとつながっていくのです。リサイクルトナー始める事も良いと思います。リサイクルトナーは、経費削減する方法としては、最も簡単で、それでいて一番効果のです経費削減方法として知られています。純正トナーに比べて半額くらいの割安価格で購入できるので、これもリサイクルトナーの魅力の1つとなっています。

継続は金なり

経費削減の継続性、つまり経費削減の実現のために、継続性は重要な要素です。本来経費削減は、1つの改善で大きな効果をあげるものはほとんどありません。経費削減のほとんどの方法は、細かい部分の改善だからです。その細かい積み重ねが会社の利益に貢献する事になる。だから「継続は金なり」というタイトルにしました。

経費削減を維持するためには、まず具体的な行動モデルを示すことが重要です。具体的に言うと、事務所のエアコンの設定温度は夏28℃、冬は22℃とする。事務所の電気は昼休み中は消しておく、1回の交際費の上限は3万円まで、それを超える場合は上司に報告するなどです。

具体的行動モデルをルール化、習慣化して継続して守ってこそ経費削減は成功します。1度決めたルールがなんとなく実施されなくなったり、他のルールも守れなくなると、失敗となります。そもそも、経費削減のためのルールは細かくて面倒なことが多く、黙っていればルールを守らない社員が出てきます。もしどうしても守れないルールがあるのなら、守れるようなルールに変更する必要が出てきます。そうすることにより、社員全員にルールに従って、経費削減を実施していることを理解してもらうことができます。

pickup

ローソン
http://www.lawson.co.jp/
タオル 通販
http://vvstore.jp/i/vv_000000000053892/
くまモングッズ
http://www.unix-1884.biz/